トップ >> 保険のクーリング・オフ

保険の契約にも適用される

保険の契約でも、クーリング・オフ制度は適用されます。いちど契約したあとでも、一定の条件を満たすことで解除することができるというものですね。訪問販売や催眠商法から消費者を守るためにもうけられた制度です。基本的には契約から8日以内に撤回を申し込まなくてはなりませんが、会社によってはもっと長い期間で受け付けています。クーリング・オフの書面には、契約者・申込日・加入した商品の種類・住所・氏名・連絡先などを記入します。自分の意思に反して保険に加入してしまったという場合なら、心強い味方となってくれることでしょう。

クーリング・オフの対象外例

基本的に保険の契約にはクーリング・オフが適用されるのですが、以下の例だと対象外となってしまいます。申込日から9日が経っている場合、クーリング・オフの書類を送付していない場合、代理店等に自ら赴いて契約した場合、指定した担当者に来てもらって契約した場合、会社指定の医師診査を受けて契約した場合、契約期間が1年に満たない契約の場合、既に加入している商品の内容変更の場合、法人が契約者となる場合などなどがあります。これらは保険契約のクーリング・オフの対象とならないので、検討されている方はお気をつけください。

保険と職業についての情報